• 新潟市江南区にあるお米と野菜の会社
    そら豆のかき揚げ 5月 29, 2024 - 素材の甘さが際立つ一品。 サクサクの衣に海老の風味がアクセント。 揚げ油は少なめでも具材を重ねて立体感を出すのがポイントです。 材料(2人分) そら豆10粒玉ねぎ半分さくらえび大匙1てんぷら粉適宜揚げ ...
    そら豆サラスパ 5月 28, 2024 - フレッシュなそら豆を前菜に。 つるつるでホクホクな食感をサラダをプラス! 旬の野菜は栄養たっぷりです。 材料 2人分 そら豆 さやで5本 ミニトマト 2つ レタス 3枚 サラダスパゲッティ 50g ベ ...
    そら豆な1日 5月 27, 2024 - AM 6:00。 上着を羽織っておきたいような少し肌寒いこの時間からそら豆の収穫作業は始まります。 枝をかき分けて、一つ一つさやの張り具合を確認。 さやに重厚感があって、指で押しても跳ね返すくらいのさ ...
    直播はいかほど? 5月 23, 2024 - ドローンによるコシヒカリ種籾散布。 田植はもちろん、代掻きも、種もみの乾燥すら行わないドローン散布。 これを行ったのが4/26のこと。 そして約一か月後の今日の姿がこちら。 撒いた種はおおよそ発芽率9 ...
    グリルドそら豆 5月 22, 2024 - そら豆の味や触感は、収穫する時期によって変わるというのをご存じですか? 実が若い時に感じる透き通るような甘さとみずみずしさ。 日が経つにつれてしっとりホクホクした食感に変わっていきます。 そら豆本来の ...
    そら豆の収穫 5月 20, 2024 - 葉っぱをかき分けてみると、 豆だらけ! 今日から始まったそら豆収穫作業。 実の十分に詰まったさやも、これから詰まるさやもあるので、一つ一つ確認しながら。 久々の収穫、袋詰め作業。 今日から新たに研修生 ...
    植物のエネルギー代謝 5月 18, 2024 - 空と水面。 強い日差しに囲まれながら今日も田植えを行っています。 今日はクボタさんから実演機をお借りしての作業。 自動操縦機能の付いた田植機で、後ろを向いて苗継ぎができちゃう田植え機。 自動操縦中はハ ...
    「雨よりも風の方が悪い」 5月 16, 2024 - 農業を始めたばかりの頃は、この意味を半分も理解できず、雨の方が嫌だけどなあ。 と思っていましたが、栽培の経験を積んでいくと次第にその意味を嫌というほど実感することに。 一番は作物が傷みます。 強風の中 ...
    犯行現場 5月 14, 2024 - 田植えも終盤戦に差し掛かってきました。 天気にも恵まれ、圃場も良く、田植え機も快調で進んでいて今年の田植えはスムーズだなー。 と思っていた矢先。 田植え機の補助輪が外れました。(写真ではくっついていま ...
    最近見た映画 5月 10, 2024 - 平日、雨で田植えが休みになったりすると徒然なるままに足を運んでしまうのが映画館。 平日の映画館はがらんとしていて席も選び放題で得した気分です。 最近見た映画がこちら リンク 「ゴジラ×コング 新たなる ...
    降り出しそうな 5月 6, 2024 - 和田郷地と川を挟んで向かいにある田んぼの田植え2日目。 目と鼻の先の距離なのに、川を越える橋がないからグルっと遠回り。 ロスタイム多めの田植えをしています。 圃場についても再び難所。 軽トラだったら平 ...
    田植えスタート! 5月 1, 2024 - 昨日から田植えがスタート! ヤンマー班、クボタ班の二班に分かれてて和田郷地を植えつくしていきます! 最初の品種は 「ゆきん子舞」 コシヒカリ、こしいぶきよりも早い収穫の早生(わせ)に分類される品種です ...
    いよいよ 4月 29, 2024 - 空は黄砂の影響でくすんだ色をしていますが、照り付ける日差しを緩和することなく、ただすっきりとしない割には妙な暑さを感じながら作業をしています。 先週から今日にかけて、田植え前にやり残した野菜の仕事。 ...
    ドリームそら豆計画 4月 26, 2024 - われわれドリーム和田従業員が水面下でコソコソと進めてきたプロジェクト。 田植えシーズンに間もなく入ろうかという繁忙期ギリギリのタイミングでようやく叶いました。 「新潟直送計画」さんでドリーム和田の商品 ...
    今日は強風で 4月 24, 2024 - 一年で一番風の強い季節。 最近の天気といえば、一週間のうちほとんど晴れが続き、1日だけ雨風。 野菜たちにとっては、今日雨が降ってほしい!というタイミングで雨がやってくるので枯れてしまう心配もなく、手の ...
    播種作業最終回 4月 22, 2024 - 燦燦と降り注ぐ日差しを受け、今日は第四回目「コシヒカリ」「新之助」の播種。 思い返すと第一回目から第四回目までずっと天気に恵まれていました。 これは農家へ向けたエールなのか、干ばつがやってくる予兆なの ...
    トラクター集結 4月 19, 2024 - 「田ぶち」とよばれる田植え前の耕うん作業。 「田うち」といったり「田起こし」といったり。 様々な言い方があるようで、「田ぶち」という言い方もどの地域まで広がっているか定かではありません。 田ぶちの跡は ...
    圃場巡回 4月 17, 2024 - 野菜も草も勢いを増すこの暖かさ。 実はマルチの中でも炒め物にぴったりサイズのキノコたちが静かに勢力を拡大していました。 キノコが生える畑はいい畑。 今日はそら豆の追肥と芽かきの作業。 沢山の小さな花を ...
    初夏の天気 4月 15, 2024 - 昨日は3回目の播種! 透き通るような青空のなかドリーム和田メンバー総出でコシヒカリの播種作業をしています。 2400枚もの苗を三つのハウスにわたって並べます。 ハウスの中は27℃。 ただでさえ体力仕事 ...
    生物のカタチ 4月 12, 2024 - 「健康な野菜には美しい対称性がある!」 こんなおいしい野菜の選び方(自論)を持っていたのですが、そんな説明を誰か理屈っぽく説明してくれないかなと思ったときに出会った本のご紹介。 リンク 「形態の生命誌 ...
    晴耕 4月 10, 2024 - 陽が出ると昨日の雨がなかったことのように、田畑の土はカラっと乾き、今日は絶好の農業日和。 そんな動きやすい天気だと、聞きしにも過ぎてハードワークな日々が続きます。 今日は和田郷地のそこかしこで様々な作 ...
    長ネギ定植始まりました 4月 8, 2024 - 昨日二回目の播種、こしいぶき1600枚を終え、束の間の休息をとりたいようなこの週初め。 今週もまたいい天気が続くんだろうなーという感じで、天気予報を見てみると明日はどうやら結構な雨。 すべてのスケジュ ...
    天気仕事 4月 5, 2024 - 毎週木曜日からの週末は種籾の乾燥作業を行っています。 今年はこの時期の気温が高くなく、種もみの乾燥にかかる時間が長い! 例年通りなら一日の間に、乾かして、回収して、の繰り返しが2回はできるはずですが、 ...
    新農具 4月 3, 2024 - 「オーガ」というこの農具。 全長約100cmくらい。 下部分が半円を互い違いに合わせたものが二段。 上部分はハンドル。 この農具が活躍できる場所は、晴れが続いても水が引け切らないこんな場所。 オーガの ...
    そら豆づくし 4月 2, 2024 - 600本を超える支柱をトラックの荷台に今日はそら豆の「イボ竹差し」。 そら豆の株をイボ竹で支えてあげる作業です。 「すじまき」に続く謎の農業用語「イボ竹」。 イボもあるし昔は竹を使っていたという名残な ...
    すじまきバケツリレー 3月 31, 2024 - 今日は第一回目の「すじまき」。 入社した当初は、すじまきと言われて何の作業を指しているのか分からず、方言きついぜ。とばかり思っていましたが、 お米の種まきのことを一般的にすじまきと言うことを知り、今で ...
    間に合いました 3月 30, 2024 - 昨日から行っている種もみの乾燥。 週末の太陽は種もみを乾かす気がないらしく、今日もこうしてお休みを振り替えて種もみの面倒を見ています。 作業自体はシンプルで、広げてある種もみをレーキを使って下の種もみ ...
    種籾ひろい 3月 29, 2024 - 昨晩から降り続く雨で種籾は未だ湿り気味。 昼以降晴れるという予報を受け、種籾が乾くまでの間は栽培関係のデータまとめをしていきます。 予防や追肥の履歴。 出荷の際に提出する栽培履歴の他にも、どのタイミン ...
    お米ができるまで~序章~ 3月 28, 2024 - 農業を始めて3年目になりますが、まだまだ分からないことがある「米作り」一緒に勉強をしていきましょう! 催芽機。 催芽とは「芽出し」のこと。 お米の種である種もみを袋に小分けした状態で温度管理ができるプ ...
    まっさら 3月 27, 2024 - 昨年に播種した長ネギも残すは3列。 今日でようやく収穫終了です! 苗箱にして480枚。 約8反ほどの作付けになりました。 長ネギを栽培して数年が経ち、様々な知識を深めていくなかでいつも思うこと。 みん ...